2007年09月18日

外国為替証拠金取引

 もう一度おさらいの意味で「外国為替証拠金取引」を確認したいと思います。外国為替証拠金取引とは外国為替(外国通貨)の売買を、一定の証拠金(保証金)を担保に、その証拠金の何十倍もの取引単位(金額)で売買が行える金融商品です。
外国通貨(外貨)の売買単位は、米ドルの場合1万ドルまたは10万ドルといった単位で行います。 1ドル=120円とすると、1万ドルは120万円、10万ドルは1200万円相当の外国通貨(外貨)の売買を行うことになります。長所は、少ない証拠金(保証金)を担保に、大きな売買が行え、為替差益による大きな収益を得るチャンスがあります。 しかしその反対に短所も大きな損失を招く可能性があることなのです。 したがって「外国為替証拠金取引」は外貨預金と異なり、非常に投機的な金融商品です。商品のリスクを十分理解し、自己責任の元に、ゆとり資金の範囲内で行う取引です。退職資金や生活に必要な資金の運用先としては適切ではありません。
 一瞬にして保証金がロスカットされてしまうケースも多々あります。大切なことは、ロスカットされない程度のレバレッジの中で、スワップ金利や差益で儲けるということでしょうか。
posted by 外国 為替 証拠金 取引 FX 初心者 at 06:57| 外国為替証拠金取引 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。